2008年09月03日

キャバリア・まおのこと

ここに書かせていただいてよいのかワカラナイので
迷っていたのですが、たまにこのブログを覗きにきてくださる方も
いらっしゃって、やはりここにも書くことにしました。
今後catnapでの告知や自分の預かり日記等を一つのブログに
統合する予定なのですが、現在、そこまでの時間がなくて・・汗。
なのでちょっとまだ作成中ということで公開に至っていません。
・・というよりまったく手付かず・・寒。

そんなわけで、現在の預かりっこの「まお」の様子は、ishiminの
プライベート愛犬ブログにて登場させたいと思っています〜。

アドレスは下記の通りです。
http://miulife.a-thera.jp/
お気軽に遊びにきていただけると嬉しいです〜かわいい

ニックネーム ishimin at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

生かせる命を繋いで・・まおのこと

メルが里親さんのお宅で馴染んでいた頃、catnapの千葉支部長の
ペリさんより千葉のセンターでキャバリアの男の子が収容されて
いて、お預かりできないかという打診がありました。

私もメルミンを里親さんの元へ届けたばかりだしお役に立てるなら
と思い、話を聞いたところ、疥癬にかかっていて脱毛が酷いとの事。
歳も結構いってそうで目が白濁しているとのことでした。
それでも他の団体からのオファーがあるかもしれないとの話だったので
じゃあ、またどうなったか結果教えて下さいということで、その時の
お電話は切りました。

そしてしばらく彼に他の団体からのオファーが入らなかった事を
知りました。
しかし、先住犬が我が家におり、共働きという状況なので、
疥癬の子を預かることはケア経験もないので難しいという現実的な
話もさせて頂きました。

その後、小梅さんがセンターへ迎えに行ってくださって、
協力トリマーのりんえんさん&同僚Rさんがキレイに
してくださって、そしてペリさん宅でプチステイしていた
キャバリア君が疥癬を治して8/23土曜に我が家にやってくることに
なりました。
ちょっと予定していた時期より早いんですが、まぁそれも運命と
いうことで、、、しかも予想外でーすという事実が、、汗汗。

キャバ君ではなくキャバ「ちゃん」であったことが判明・・あせあせ(飛び散る汗)

というわけで「まお」ちゃんと名づけました。

疥癬の影響で脱毛具合が痛々しい。
でも初めの収容時と比べるとずいぶんこれでも毛が生えたそうです。
meru082401.jpg

出産経験も何回もありそうで、そしてすわりダコも出来ている。
あなたもメルミンと同じく繁殖犬だったんだねと思い返しました。


でも大丈夫!!
あなたにはもう幸せしか待っていないんだから顔(笑)
meru08252.jpg
↑色は違えどメルミンとちょっと顔つきが表情によって似ていて、
私、土曜にちょっと泣きそうになりましたよ、また。
まおはルビー(茶色)のキャバリアです。
顔が写真で白く見えますが、年老いているわけではなく・・・
(ちょっと損かもしれません、汗)痒がるので洋服着せてますが、
胸の飾り毛も白いです。
言い方は悪いですがルビーの「ミスカラー」です。
本来キャバリアのルビーは茶色一色が好ましいとされています。
まおの個性ですから私はなんとも思いませんがたしかにちょっと
ペリさんが「モンキー」と名づけたくなった理由がわかります、笑。
時間はかかるかもしれませんが毛が少し生え揃ったらかわゆい
キャバとなると思います。

まおの年齢はセンターから出てきた後の歯のチェックで、
初見よりも若く4歳くらいではないかとの話です。
目の白濁も白内障ではなく角膜炎だったので、しばらくの間
疥癬はしつこいらしいので二週間後の再検査まで出来る限り、
心と皮膚のケアに努めていきたいと思いますGood

また預かりブログが立ち上がったらこちらでもご紹介させて
ください。
そして、今回、まおのお預かりに対して、心から応援下さった
メルミンの里親様の温かいお気持ちに感謝しております。
また、メルミンのブログに訪問くださった皆様にもこのことを
お知らせいたしたく、こちらの場所をお借りしてまずは書かせて
頂きました。

私も皮膚ケア初心者なので試行錯誤ですが、どうにか頑張って
いきたいと思っています。

ニックネーム ishimin at 01:23| Comment(2) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

お礼と近況

メルミンが天国に行ったことに対して、本当に沢山の方が、
こちらのブログを覗いてくださったようでアクセスも多くて、
感謝の気持ちでいっぱいです。

そしてご自分のブログに転載して下さったり、お悔やみのコメントや
励ましのメールを頂いたり、皆様のお気持ちには重ね重ね、
お礼申し上げます。

13日にメルミンの里親さんと初七日は過ぎてしまいましたが、
お寺にお参りに行かせて頂きました。
(里親さんは初七日もお寺にお参りに行ってくださいました。)
そしてお家で奥様の手作りのランチをご馳走になってしまったり、
夜は楽しく我が家の愛犬ミューさんも連れて焼き鳥屋さんで
遅くまでメルミンの楽しい想い出を語らせて頂きました。
こんな時間もあの子がくれたプレゼントなのかな。
そんなに気を使わなくてもよかったのにね、メルミンは本当に
よい子で可愛いお嬢さんでした。

我が家に写真を現像して、小さいですがメルの想い出スペースを
作りました。
meru08181.jpg
本当に表情が豊かになった可愛い写真ばかりを集めたので、
見るたびに微笑ましくなってしまう、もしかしたらまだメルミンは
生きているのかもとか思ってしまうishiminです。

みんなに生きてる価値がある。
そしてみんなに平等に幸せになる権利がある。

そのお手伝いを細々とですが今後も続けていければと思っています。

里親さんには保護犬にとメルミンが使うはずだった物資をご寄付
頂きました。
本当に悲しみの中、保護犬にお気遣いを頂きまして感謝の気持ちで
いっぱいです。
頂いた処方フードの一部はもうすでに必要としている預かりさんへ
ペコ母さんにお願いして送って頂きました。
私の手元にある分もまだきちんと整理していないのですが、
会の中で整理した上で呼びかけていこうと思います。

メルミン・・。
つぶらな瞳、そして可愛い尻尾フリフリ。
私は忘れないよ、あなたと出会えて本当によかった。

心からそう思います、そして一生忘れないと思います。

メルミーン、早く生まれ変わっておいでーーー。
そしたらまた出会いたいな。
そして里親さんとまた家族になれたらうれしいね!

ニックネーム ishimin at 00:20| Comment(4) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

メルが教えてくれた事

8月6日水曜日
スタッフでお見合い〜お届けまでお手伝い下さったペコ母さんと
一緒に里親Y様と共にメルを青空に帰してきました。
メルが亡くなった8月4日月曜夕方から、天気は崩れ、そして
5日火曜の空はまるでメルの死を悼むかのようにたくさん
たくさん泣いていました。
私もまさしくあの日の天候そのもののようで号泣したり、
少し落ち着いてまた号泣したりを繰り返していました。
おそらく里親様も私以上にそんなお気持ちであったと思います。

しかし水曜は抜けるような色の夏空になり、メルミンは真っ青な
お空にきっと迷うことなく昇っていくことが出来たと思います。
あの子が晴天にしたのかな、明るく見送ってくれよって思ったのかな。
そう思うくらいのきれいな青空でした。

里親さんはメルの里親になったことをメルミンに感謝こそすれ、
決して後悔していないと自らおっしゃってくださって、あの子は
本当に幸せだったんだなと改めて思った次第です。
そしてその言葉を聴いて自分勝手かもしれませんが私の心は
救われました。
こんな状況でも私やペコ母さんのことを気遣える里親さんは本当に
素晴らしいご夫婦だと思います。
預かった私ももちろん同じ気持ちです。
こんな悲しい思いをするのなら出会わなければよかったとは決して
思いません。
何度も書いてしまいますが本当にメルミンと出会えてよかった。

お骨になった彼女は頭蓋骨も残らないくらい小さく、そして骨も
まるで鳥のように細くもろく、ずっと長い間、飢えと恐怖と共に
暮らしていたことを身を持って私達に教えてくれました。

繁殖犬の過酷な生活をメルが残してくれた真実を、私もペコ母さんも
強く重く受け止めました。
無念ですが、自分のできることは続けていきたいと心から思いました。

葬儀にご同行いただいたペコ母さん。
お花をメルミン宛に託して下さったcatnap代表、かるころさん。
個人的にお悔やみのメールを下さった皆様。
こちらのブログにお悔やみのメッセージを下さった皆様。
そして私の愛犬ブログにお悔やみのメッセージを下さった皆様。

里親様からもお礼をくれぐれも申し上げて欲しいとのメッセージを
頂いております。
この場を借りまして私の感謝の気持ちも込めて重ね重ねお礼
申し上げます。

メルミンは今、沢山のキレイなお花に囲まれ、先住犬だった
さちちゃんと共に里親様のお宅へ戻ってきています。
myu86.jpg

よかったね、やっと我が家に帰ってきたね。
里親様はあなたの帰宅をずっと楽しみに待っててくれてたんだよ。

今はゆっくり眠ってください。

そしていつか生まれ変わって里親Y様の元へ帰ってくるんだよ。
みんなが笑顔で待ってるからね。

ペコ母さんがメルミンのことをブログに残して下さっています。
是非とも合わせてお読み頂けましたら幸いです。

ペコ母さんのブログはこちらです。

メルミンへ
私は負けないよ。
そしてあなたの残してくれたこと、どうにかできないか立ち止まらず、
考えていこうと思う。そして出来ることを続けていきたい。
だからどうか里親Y様ご夫婦共々私達を見守っていてね。

里親Y様ご夫婦へ
本当に本当にメルミンを見送って下さりありがとうございました。
すぐに立ち直るのは難しいことは重々承知ですが、メルミンへの事で
後悔することはまったく何一つありません。
メルミンが自分で手繰り寄せたご縁とはいえ、あなた方は彼女にとって
理想の里親さんであり、そして心からメルミンを愛して下さいました。
預かりの私からも心よりお礼申し上げます。
そしてこれからもよろしくお願い致します。


※本当はブログを書けば思い出し、写真を見ても思い出しで涙が出て
更新も出来る気分ではなかったのですが、メルが教えてくれたことを
私がきちんと書かなければと思いました。
きっとペコ母さんも同じお気持ちで更新下さっていると思います。
里親さんもブログに載せることを許可くださっています。
人間は口で伝え、情報を伝える力があります。
是非とも知って欲しいこと、それをお伝えしたく、頑張って
書きましたがつたない文面ですみませんがここで今日は筆を
置きたいと思います。

ニックネーム ishimin at 18:16| Comment(10) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

メルミン天国へ旅立ちました

8月4日に我が家の預かり犬だったメルミンは天国へ旅立ちました。
メルは先週7月26日に体調不良になり、里親様もすぐに病院へ
連れて行って下さいました。
そして以前から持病のある肝臓の調子が思わしくなく低血糖
だったのでそのまま、病院に入院となりました。
里親様は毎日車でしか行けない動物病院へメルに逢いに面会に
通ったり、一時帰宅が出来ないか先生にお願いして下さったり、
あの子の為に尽力を尽くしてくださいました。

そして肝臓の手術をしないとこのままでは危険だという
先生のお話の元、リスクも話し合った上でメルは手術に臨みました。
今までセンターから救い出され、Y様という素敵な里親様に巡り合った
強運を信じて、里親様も私もメルの元気な帰宅を信じていました。

しかし、メルは天国へと旅立ってしまいました。

お辛いところを里親様がお話下さいましたが、先生の術後の説明
いわく、メルの内臓はボロボロだったそうです。
胆嚢は真っ黒になり、いくつも石があり、肝臓もひどい状態であった
とのことでした。
とても今まで通常の生活を送っていたのではなり得ないような状況
だったようです。
もうメルの体は限界だったみたいです。

センターから救い出してもらった時、ブリーダー放棄犬と思われる
メルは声帯が切られていました。
歯は真っ黒でところどころありませんでした。
沢山子供を生んだおっぱいをしてました。
そして肝臓が悪く、結石もあって血尿をしていました。
里親様が病院で調べてくれたところ、背骨も狭いところで
暮らしていたようなひどい変形があったそうです。
メルはブリーダーというか繁殖屋に使われるところまで使われて、
体調が悪くなって捨てられたのでしょう。
なんでそんなひどいことが出来るのか、私達には到底理解できませんが、
こういう人間がいるのは事実なんです。
愛犬じゃないんですね、繁殖の道具なんです。
メルみたいなのがホームセンターや大型スーパー、ペットショップへ
卸している安価でショーウィンドウに並ぶ子犬の親犬の姿なんです。
自分のワンちゃんの一生の生活経費で考えて頂ければ、安価な子犬の
親犬の姿はすぐに想像がつくと思います。

だから本当に私から皆様にお願いです。
もし今後ワンちゃんを迎えようとお考えになった時、この話を
思い出して欲しいのです。
どうか父犬、母犬の顔や生活もわからない店やブリーダーからは
どうか子犬は買わないで下さい。
購入するならば時間もかかるし面倒かもしれませんが、きちんと
生活環境を確認して幸せな子を迎えてあげてください。
もちろん保護犬を迎えて欲しいという気持ちは活動をしているので
思う気持ちはありますが、そうではない場合にも少しでよいので
考えて欲しいのです。

私が出会って、心を通わせてからのメルはとても一生懸命で、
楽しそうで、そして報告の中では里親様の元でメルミンは
とても嬉しそうで自信に満ち溢れたお顔を見せてくれました。

私の元で三ヶ月、そして里親様の元で一ヶ月。

あっという間に私達の横を駆け抜けて入った犬生でしたが、
最後にY様ご夫婦という自分のことだけを愛してくださる
お父さんとお母さんに看取ってもらったメルミンはとっても
幸せだったと思います。

メルと出会えてよかった。
本当に幸せな時間をありがとうね。

救うことをご決断くださった代表、pruuさん。
メルのお世話をしてくださった皆様、応援してくださった皆様。
お見合いをお申し込みくださり、逢いに来てくださった皆様。
そしてブログに来て読んでくださったり、コメントくださった皆様。

そして、短い期間になってしまい、本当に申し訳ない限りでしたが、
それでも家族として温かく迎えて、最後の時間まで温かく優しく
メルミンに寄り添ってくださった里親のY様ご夫婦には
感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

昨日、ご迷惑を承知で早速メルミンに逢いに行ってきました。
メルミン、とても良い幸せな今にも起き出しそうな表情で眠って
いました。
里親さんを慰めなくてはいけないのに、ティッシュの箱を使い切る
くらい自分が号泣して帰宅してしまい、本当に駄目な預かり母を
メルミンもハラハラしながら天国から見ていたかもしれません。

明日、里親様がありがたいことにメルの葬儀をしてくださるので、
参列してきたいと思っています。

明日はきちんと見送るように頑張るからね。
天国から見ていてね。

ニックネーム ishimin at 17:52| Comment(9) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

メルミン正式譲渡〜★

トライアル中に心配なんてまったくなかったんですが、
一応トライアル期間なので「どうですか?」「どうですか?」と
聞くのもやらしいかなと思って静かに待っていたishiminです。

Yさんも言い出だすタイミングを逃していたようにお互いの遠慮が
あいまって(笑)めでたく二週間のトライアルを終了して正式譲渡と
なりましたClap

メルの場合、ご存知のように肝臓の持病があり、そして結石もあり、
本当に条件はよくありませんでした。
正式譲渡に至った今だから言えますが、メルの不器用な性格も
考えて、そして体調面のハンデもあるので、ご応募がなければ
出来る限りの医療を施し、最期まで我が家がメルと暮らそうと
心の中で思っていました。
しかし、そんなメルに対して真面目に検討して迎えようと考えて
くださる方々が応募をしてくださり、そしてお見合いという機会を
頂き、どの皆様の元へ旅立ったとしてもあの子は幸せになれると
思うほどの素晴らしい出会いでした。
そしてYさんにメルをお願いすることとなりましたが、前述したように
メルのために色々なご準備を頂き、そして肝臓サポート食の勉強
までして頂いて万全の体制でメルをお待ちくださいました。

Yさんはメルと一緒にご夫婦でお店でランチに行ってくださったり、
お休みの日はドライブしてお台場へ行きetc・・るんるん
手作りご飯も毎日モリモリ食べ、Yさんご夫婦の惜しみない愛情に
メルの心は二週間で早くも完全に氷解したようです犬(笑)

meru0710.jpg

お腹まで出しちゃって、幸せそうだね、よかったね〜メル!

そして本日、遠くの信頼出きる動物病院へ行ってくださり、
メルの詳しい検査をしてくださいました。
肝臓は残念ながら完治ってことはないのですが、治療方針も
しっかり決めて頂くことが出来ました。
もう一つ、心配だった結石ですが、尿検査の結果も、エコーで
見ても、結石は完治していたようです〜嬉しいよ〜涙顔(泣)
あー、本当に嬉しい!!ばんざーーーい!!
そのご報告をYさんからお電話で頂き、ishiminは感無量でした。

そして正式譲渡のお申し出を頂いた時にワタシが
「ではもう正式譲渡ということは返せませんからね〜顔(イヒヒ)」と
フザけて言った時も(悪趣味・・汗)、
「もう何があったって返しません!メルはうちの子です!」と
力強く宣言してくださいました。

Yさん、どうぞメルミンをよろしくお願いします。
通院、ケアなど大変な部分もあると思いますが、いつまでも
いつまでも楽しく一緒に過ごしてあげてくださいませ。

・・・・・顔(チラッ)

なんて言う必要がないくらい強い絆で結ばれているようですよ。

おめでとう!!メルミン!!!


また会おうね〜Hello
meru07104.jpg
ちょっとイジワルなミューちんよりハートたち(複数ハート)

ニックネーム ishimin at 23:14| Comment(6) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

メルミントライアル報告2

メルミンしゃまのトライアルが順調なので近況報告を少ししつつ、
色々雑記のようなブログを書きたいと思います★

メルミンのトライアルもあと数日ですが、どうやら里親様のお宅で
自由に部屋でコロコロしたり、喜びダッシュしたり、夕飯の催促鳴きも
しているようで、あっという間にオープンハートなメルしゃまハートたち(複数ハート)

なんだよー、もっと時間かかると思ってたのになーー顔(ぷんっ)

なんて心貧しいことは申しませんよ、でもそれだけ心配なく、
日々馴染んでくれてる報告を聞くと、仮親孝行だなと思います。
前に送り出したはらみしゃんも初日からIさんご夫婦に馴染んで
暮らしてたし、みんな良いご家族と出会えてよかったね〜Good
meru07071.jpg
「安心しなさい、幸せに暮らしてますから!」・・・と、、
メルに言われているようなお写真・・苦笑。

あと数日でトライアル終了だね、メルミン。

そんなさなか、昨日我が家の先住犬ミューしゃんが下痢をしまして、
わたくしビックリ顔(汗)

外だったのである程度取りましたが、ゆるいので地面についてしまった
ウンピーのお掃除をしに現場に戻ってお掃除した後、家でもう一度出た
ウンピーを隅々まで血が混じってないかチェックしてしまいました、汗。
その姿を見た身内に
「一日くらいの下痢であんたモンスターペアレントだね〜ふらふら
と恐れられましたが、口が利けないんだから健康チェックは
大切だろ!!と思い気にせず、ワシワシとティッシュを開いて
中を覗き続けてました。幸い血は混じってませんでした。

そんな私も過剰な心配症かもしれませんが、うちの妹なんて
MY聴診器持ってて、キャバは遺伝心疾患が5〜10歳にかけて、
ほとんどの子に発症する犬種なので、心音を毎日聞いてますから。
・・・これは血筋でしょう、仕方ない、苦笑。
でもですね、自分が飼っている犬種ならではの疾患は経験、理解、
そして、勉強する気がないととっさの対応が大変なのですよ。
その予兆を自分が見逃した事後の後悔や反省はかなり辛いです。
マジでこれは本当だと思います〜汗。

トライアル報告いただいてたYさんに、その報告をしてしまい、
逆にご心配頂いたんですが、本日の朝、ふつーにいつも通りの
ウンに戻っていたので、安心して、Yさんにもご報告しました顔(笑)
(何報告してんだって感じですね、Yさんすいましぇん、苦笑。)

理由はアイスの盗み食いと車のクーラーにお腹くっつけて仮眠して
いたので、それで冷えただけみたいです顔(なに〜)
今日は元気に「おやつくれ゛ーーー」と催促してたのでホッとしました。
良かった、良かったGood




ニックネーム ishimin at 00:35| Comment(4) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

メルミン・トライアルリポート

明日でメルが我が家を旅立って一週間が経ちます。
どうしてんのかな、、元気にしてるかな、なんてしばらく
思いながら過ごすことになるんだろうな〜と思っていたら、
里親さんがお気使いくださって毎日トライアルリポートを
送ってくださっております★
本当にご無理せずに・・なんて言いながらも、結構楽しみに
している仮親馬鹿まっしぐらのishiminでございます。

Yさんからは写メール付でリポートしてくださるのですが、
メルミンは幸せそうな顔してますよ〜ハートたち(複数ハート)
meru1.jpg
↑これはご夫婦で初散歩にお出かけになった時の写真です。
お散歩も突然パニックが起きる可能性があることをご理解頂き、
今のところダブルリードにして下さっています。
実は、私、預かり中にパニックに陥ったメルのハーネスが抜けた
ことがありまして、重々注意してくださいというアドバイスをさせて
頂きました。その言葉をきちんと注意して下さっていて、本当に
感謝感謝です。

奥様は肝臓に少しでも良いご飯を・・と事前に本を購入くださり、
勉強して下さっていました。
そしてメルミンを迎えて、奥様は毎日色々なメニューを作って
下さり、メルミンは毎晩手作りのご馳走を頂いています。
(ミューがうらやましがってるよ〜汗)
悲しいかな絶食が平気なタイプで、好みも偏食気味なところの
ある子なので色々食べれそうなおやつやフードを持たせて
旅立たせましたが、そんな心配も不要だったようです、笑。
meru2.jpg
↑購入してもらったカドラーで過ごすメルミン

そしてトイレのほうも、沢山敷き詰めてくださっているようですが
シートになかなか良い確率で命中しているようですClap
しかもしっかり自分でご褒美を要求できるくらいになったようです。

ご購入頂いたソファにも奥様がお留守にしている時はコッソリ
いって眠っているようで、それを発見した奥様からのリポートは
とっても嬉しそうでした。
ご夫婦の足元に自分から歩み寄ったり、少しずつ少しずつ自分で
Yさんご夫婦に近づこうとしているようです。

メルは我が家にいた頃の初めと比べてYさんのお宅での生活は
メルミンにとってはとても馬が合っているのかもしれません。
Yさんからも「本当に順調です」という安心報告ばかりなので、
あと一週間もきっと無事に乗り切ってくれると幸いです。

meru3.jpg
いい寝顔〜、本当に安心した顔して眠っていると思います。

皆様、あと少しのメルのトライアル生活、私と一緒にどうぞ
うまくいくことを願って頂けると嬉しいです〜顔(笑)

ニックネーム ishimin at 21:37| Comment(4) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

幸せな旅立ち

実家の皆さんともお別れをすませ、そろそろ出発の時間です。
実家チェリーとメルは仲良しハートたち(複数ハート)
今朝も一緒に寛いでいました。
meru06250.jpg
チェリー「さー頑張っていってらっしゃいHello

そしてそして電車電車に乗って里親様のお宅へ。
何故だか旦那までもが同行してしまい、立会いのペコ母さんと
合流し、途中の駅までご好意で、里親のYさん夫妻がお迎えにきて
くださいました、本当にありがとうごさいます★

お家に入ってビックリ・・本当にメルが来るために色々な
ご準備をしていただいていて、嬉しくなりました。
そして沢山のキャバリアグッズに囲まれた素敵なお部屋ぴかぴか(新しい)

Yさん夫妻とメルでお写真をカメラ
meru06251.jpg
このソファも、メルが寛ぎやすいようにとご購入されたと前日に
伺っております。

そしてしばらくは生活拠点となりそうなカドラーも設置して
くださっていました。
早速入っているメル・・・笑顔(イヒヒ)
meru06252.jpg

メルの新しいお名前を発表します〜Clap
それは下記の迷子札をご覧くださいませ・・・
meru06253.jpg
名前の由来について里親様から届いたメールがこちら

メルちゃんって凄〜く可愛い名前なので、
通称はそのまま『メル』にしました フルネームは申し訳ないのですが
変更させていただいて『メルミン』にしようと、主人と決めたんです☆
ishiminさんから勝手にいただいちゃいました。(*^^*)
愛情がたっぷり詰まったいい名前だなぁ〜と、とっても気に入ってるんですが、いかがですか?


とのこと・・・うわー泣いちゃいそう。。って思いました(TmT)
メルにishiminの「ミン」をくっつけてくださったのです。
Yさん夫妻の暖かいお気持ちが心に染みました。
お誕生日も我が家に来た3月20日とすると奥様から伺い、さらに
感動・・顔(泣)

そして医療費の他に保護犬のためにとご寄付までご用意頂き、
その後お食事までご馳走になり、さらにはお土産まで
頂いて、、お食事したお店で私達がお金を払おうとしたら奥様が、
「これはメルミンからのお礼です、だから頂けません」
と固辞されたので、そのままご馳走になってしまいました、汗。
でもこのお言葉、本当に嬉しい、ishimin、ちょっと泣いて
しまいそうになりましたが、女の子なので?グッと堪えてお礼を
言いました。
是非とも今度お会いする時は私達にご馳走させてくださいね。

最後に、今回は沢山の方に助けて頂き、ありがとうございました。
特にお見合いの立会い、そしてお届けまで神奈川〜千葉まで
何度も往復頂いたペコ母さんにはいくら感謝しても足りません。
おそらくペコ母さんがいなければ私はメルの病気や治療の件でも
かなり心がめげていたと思います。
色々な部分で助言も頂き、力になってくださいました。
ペコ母さん、ありがとう。
そして何度もお留守番になっていたペコちゃん、結ちゃん
ごめんね、そしてありがとう。
おかげでメルは幸せの第一歩を踏み出すことが出来ました★

メル、、本当にここまでご準備くださって、あんたのことを
心から考えてくださっているYさん夫妻と出会えたこと、本当に
幸せだね、そしてよかったね。
今まで過酷な環境で辛い思いをしてきた分、これから、ずっと
ずっと長く幸せに暮らしなさい。
そして、私もあなたのいない生活に慣れて、メルもYさん夫妻との
生活に慣れた頃にきっとまた逢いましょう。
ミューも今は寂しがってるけど、幸せな別れなんだから私は
涙は極力流しませんよ。(まったく流さないとは言わない、苦笑)
あなたの幸せと健康をいつでもどこでも心から祈っています。
またいつか逢おうね、約束だよGood

Yさん、不器用な性格はご承知の上とは思いますが、予想外な
動きをする時もあると思いますが、根は優しい良い子なので
どうぞ末永くメルミンをよろしくお願い致します。

※トライアルの報告を早速頂いてますが、またそれは
 後日リポートいたします。
 ぶっちゃけメルロスで、わたくし自宅に帰れず実家で暮らして
 おります根性なしです〜笑。週末帰りますのでしばしお待ちを。

ニックネーム ishimin at 21:12| Comment(10) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

いよいよ明日

明日6月25日にメルは我が家から里親様の元へ旅立ちます。

メルは本当に色々な方々にお世話になりました。
だから「メルシー」(仏語でありがとう)と名づけましたが、
本当に私こそありがとうという気持ちで今は一杯です。

メルと暮らした3ヵ月・・
人間を怖がり、一緒に暮らす私達からも逃げていた頃から
比べれば、本当に今のメルは明るい楽しい子になりました。

しかし、一歩外に出るとやはりまだオドオドになってしまいます。
突然触られたり近寄られると海老のように後方へ逃げてしまったり、
なかなかお見合いでもメルの家庭内での良い所を見せることが
出来なかったのはとても残念だと思っていました。

でもね、家では本当にこんなに元気で楽しい子なんです。
3ヵ月でここまで心を開いてくれたんですよ〜♪
最後だから是非とも皆さんにも見ていただきたいです。


↑再生▲ボタン押してください。音声は出ませんのでご安心を!

もう甘えん坊でウキウキでぎゅーっと抱っこしたくなるくらい
可愛い仕草をしてくれるんです。

しばらくは里親さんのお宅に慣れるまでは、ここまではメルは
出来ないかもしれません。
でも時間の経過とともにどんどん心を開いてくれると思います。
そして、そのうちに我が家で暮らしてた時以上の可愛い笑顔を
きっと見せてくれる事でしょう!
里親さんも楽しみにあなたとの生活を待っていてくれてるよ。

メル、あと少しだけど楽しい未来を夢見てゆっくりお休み〜眠い(睡眠)
meru0623.jpg

次回の更新はトライアル報告となると思います〜Hello

ニックネーム ishimin at 00:10| Comment(8) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

通院、そして週末★

一度ブログを書かなくなるとついサボる癖が出るishiminです。
だから芸能人がガンガン毎日更新してるのを見たりすると、
すんげぇ〜な〜と思うんですが、私にはどうやら性格的に無理な
ようですorz・・すいましぇん。

というわけで、遅ればせながら週末の出来事を今更。

14日土曜は協力病院にメルの月一の検診に行きました。
そしてトライアルも決まったのでマイクロチップも入れに。

そしたらcatnap大集合〜とばかりに色々な方とお会いしました。

まずはかるころさん♪
karukorosan.jpg
ワイヤーフォックステリアというお珍しいお嬢さんを
お膝に乗っけてましたが、
「可愛い〜!連れて帰りた〜い^^」なんてブログに
書いてらっしゃいましたが、私は消息は分かりません顔(イヒヒ)
とりあえず魔法少女になったのかが気になる今日この頃・・。
気になって夜も眠れません・・(うそ)
詳細は、かるころさんのブログにて要チェックGood

そして診察して出てきたら、ansakuさんが柴犬の美姫ちゃんの
お迎えに搬送にいらしてました。
美姫ちゃんのお写真がない〜ってことでかるころさんに拝借。
karukorosan1.jpg
クレートに入ってましたが、とても大人しく日本犬らしい
落ち着きのあるお嬢さんでしたハートたち(複数ハート)
今はyukkyさんのところへステイしています。

そしてそして代表が代表命の甘えん坊聖ちゃまと、茶プーの
ミル君を連れていらっしゃってました。
karukorosan2.jpg
↑またかるころさんに借りた茶プーのミル君。
ミル君とはわたくし会うのは二度目ですが、ミル君は
茶プーの男の子で甘えん坊で可愛いです。
ただ苦手なものがあるようで、、犬(足)
でも里親さんになる方がそこらへんをご理解してうまくお付き合い
いただければとても良い子に過ごせる子だと思います。
現在、聖君、ミル君は代表宅にステイしております。
その様子は代表ブログにてご覧下さいませ。

そしてそして、15日の日曜は実家のみんなとバーべキューへ。
・・と言っても我が家から車で10分くらいのとこなんですがふらふら
meru06151.jpg
バーベキューが焼けるのを待つワンワンズ犬(足)
こんなとこまで来ても私の膝を死守するミューが痛くてスイマセン、汗。
とりあえず私の足が太すぎてお見苦しかったので隠したら余計に
怪しい写真になってしまいました、スイマセンたらーっ(汗)

この後、少しお散歩しようと思い、三頭を誘いましたが、全員から
お断りを食らいました。
バーベキュー中に別の場所に行くのはNOBadだそうですあせあせ(飛び散る汗)
食いしん坊だな、おい。

meru06152.jpg
メルしゃん、ずいぶん胸を張って座れるようになったね。
私はとってもうれしいよ。

実家の母がわんこ用の野菜を茹でて、鶏肉も持ってきてくれたので
ワンワンズも無事にご飯にありつけましたるんるん

そんなかんなで今頃アップしてんのもどうかと思うんですが、
アップさせていただきました。

今週末21日は羽田で里親会ですよ〜Clap
どうぞ一匹でも多くの子が幸せの赤い糸がつかめますように。

私はメルやんと最後の週末をまったり過ごすことでしょう。

ニックネーム ishimin at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

メル・トライアル決定★

我が家にやってきて3ヵ月がもうすぐ経つメルちゃん。
meru06131.jpg

そうなんです、メルのトライアルが決定いたしましたClap

3月13日に埼玉のセンターから来たメルは、3月20日に
我が家に来ました。
メルはどんどん明るくなり、最近は自己主張もするように
なり、楽しい一面も見せるようになりました。
しかしそんな反面、肝臓の疾患がわかり、毎日の投薬生活が続き、
そして今もその状況は変わっていません。
ずっと今後も、肝臓疾患と付き合っていかなくてはいけないメルに
対して、事情を理解した上で、すべての状況を受け入れて、
メルを我が家にと望んでくださった方がいらっしゃり、お見合いを
させて頂きました。

里親様になるYさんご夫婦は、メルの現在の状況、そして治療に
ついてもご理解が深く、そして不器用なメルの性格に関しても、
すべて包み込んでくださるというお気持ちが伝わる癒しオーラ満開の
ご夫婦です。

Yさんご夫婦は少し前に愛犬を介護生活の末に亡くされております。
その時のご夫婦の愛犬介護、治療のお話を聞かせて頂き、元気な頃の
愛犬とご夫婦がご一緒に色々なところへお出かけになっていた
お写真を見せて頂きましたが、ご家族同様にその子を本当に
大切にされていたのだなと思いました。
お留守番もほぼなく、、トイレの躾の話をしても
「タイルカーペットなので洗えるからだいじょぶですよ〜♪」と
質問したこちらがたしなめられてしまうくらいの余裕のあるお方
なので、きっとメルが不器用な性格や動きを発揮したとしても
暖かい長い目で見守ってくださると思います。
もちろんメルの今後の肝臓、結石の治療に対しても継続しての
治療、通院を積極的にお約束してくださいました。

そしてこの度、お見合いをさせて頂きました他のご家族も、
皆様がメルの病気に対して理解を示して頂き、検査があったので、
長い間、ご応募から、お見合いを延期していただいたり、
ご迷惑とご心配をおかけしました。
病気に対してのご理解もあって、お見合いをしたすべてのご家族が
保護犬を迎えて頂くのに理想的なお考えと家庭環境をお持ちの方で、
お断りを申し上げることが本当に心苦しく、恐縮なかぎりでした。
メルに対してお見合いの際に
「他にわが家よりもっとよいご縁があるのなら、そちらのご家庭に」
というお優しいお言葉をかけて頂いたり、
ご希望に添えなかったというご連絡後に、
「メルの幸せをお祈りします」という暖かいお言葉をいただけたり、
里親希望の皆様のそのお気持ちの広さに預かりのワタクシは
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にメルをご希望頂いたのに、申し訳ございませんでした。

メルはきっと幸せになります。
そして楽しく犬生を過ごしてゆくと思います。

meru06161.jpg

トライアル開始は6月25日になりました。

もうしばらく我が家で楽しく過ごそうぜ! メルちんGood
meru06132.jpg
↑週末は実家キャバも来てみんなでお祝い〜★したんですが、
病院行ったり、日曜は出かけたり色々あったのですが、、
そのリポートはまた次回アップしたいと思いますexclamation

取り急ぎトライアル決定をお知らせしました★(息切れ@ishimin)




ニックネーム ishimin at 20:44| Comment(20) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

今夜の晩御飯

歯がキレイになって食欲アップキャンペーン中のメルっち。
今は歯の治療をしたので、その抗生物質を飲んでいるのですが、
薬嫌いのメルなので、粉薬は余計に難しいため、朝晩と
ヤギミルクに溶かしてあげてるので、まったく気づいて
いないようです顔(イヒヒ)
むしろ「ヤギミルクくれーexclamation×2」と自分から来るくらいで。

そして今日の夕飯〜Clap
meru06091.jpg
もちろん左がメルで右がミューのです。
最近、朝ごはんのドッグフードを自分だけでは飽き足らず、
ミューの分まで食べるメルやんなので、夕飯で調整〜たらーっ(汗)

さっ、頂いてしまってくだせ〜!!
meru06092.jpg
メルのスヌードはピンクの迷彩です。
これはミューちんが我が家に来たばかりのガリガリちゃんだった頃に
購入した懐かしい、かつボロいスヌードなのですが、小さいメルには
ピッタリなのでそのまま使ってもらってます。
ちなみにこのスヌードは、垂れ耳のスパニエル種が暮らす上でとても
必要なものです。
もうね、これつけないと耳が大変なことになりますから、涙顔(なに〜)

最初は滅茶苦茶いやがってたメルも、慣れて今はご飯だとわかると
ハウスに入って、スヌードに顔を突き出してくるようになりました。

そしてこちらがミューちんのお食事風景。。
meru06093.jpg
あまりに食べるスピードが早すぎて、写真がブレる・・汗。
もちろんミューもmyスヌードを持ってます。
(ちなみにこれはペコ母さんプロデュースのものです顔(笑))

そしてそして秒速で食べ終わってしまったミューちんは、メルを
うらめしや〜モバQと眺めつつ、座布団の上でくつろぎます。
meru06094.jpg

メルちんはお上品なので・・というより、歯がところどころないので
ゆっくり10分くらいかけてお食事を召し上がります。

今日も完食ありがとうございましたGood

ニックネーム ishimin at 22:41| Comment(4) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

無麻酔・歯石除去

本日どうしても仕事がお休みできなかった私に代わって
私の分身ロボットを出動させて・・・というわけにはいかず、
妹に頼んで、千葉の美人ボス・ペリさんにご紹介頂いた無麻酔で
歯石除去をしてくださる病院へ行ってもらいました。
妹には明日焼肉おごったルー笑。

メルはドッグスリングの中にお顔が見えないように専用ネットを
使って入ってもらうと、もうずーっと大人しくしてくれますハートたち(複数ハート)

先日私もメルを入れてお出かけしましたが、本当にワンとも
スンとも言わず、途中で寝んねしてしまったりなので一人での
公共の乗り物移動もスムーズに出来ます★

妹の報告でも片道一時間強の移動も大人しく過ごせたようで、
周りの人に「何ヶ月ですか?」なんて聞かれて妹も
独身なのに新米ママ気分を満喫してお帰りになったようです。
(実はそんなに気分よくなかったらしいけど・・笑)

メルは本当に口臭もひどく、ない歯もあるし、ある歯も茶色い
歯石がビッシリついていて、何度も書きますが可哀想で仕方
ありませんでした。
でも無麻酔・・というところで限界もあると思ったので、妹に
「あまり痛がらないように無理のない程度で・・」なんて
獣医さん宛てに仮親バカな手紙を託して、今日、後ろ髪を
引かれる思いで出社したわたくし・・涙もうやだ〜(悲しい顔)

そしてこれが抜けたメルの歯どえす。
meru06061.jpg
えーとですね、この写真の状態、かなりマシな感じです。
おそらく抜く前に処置したか、抜いた後洗ったか・・存じませんが
実際、生えてる時はコケのような歯石がビッシリついて白く
なかったですから。。
どんなにグッズやタオルで私がこすろうとも、まったく微動だに
しない歯石で私はただ食べ物の残りかすを取って上げる
くらいしかすべがありませんでした。

それが見てください、この歯の白さぴかぴか(新しい)
meru06062.jpg
わかりづらいかもしれませんがホントにキレイ・・感動します。
あの酷かった口臭もほとんどなくなりましたClap

だからと言って歯磨きしなくてもいい・・とかではありません。
メルはところどころ歯が抜けてしまっているので、ちょっと
お口から食べこぼしたりよだれが出てしまったりもするので
ケアはもちろん必要です。

でも、帰宅して、近所の犬茶屋さんでお食事をしてた時、
いつも食べづらそうだったのに、とても美味しそうに
カフェメニューをメルが食べてるのを見て、本当に嬉しかった黒ハート

幸い、痛みや辛さはまったくないようで元気そのものです。
よかったね、そして今日は疲れたね。
ゆっくりお休みなさい、メルかわいい
meru06063.jpg

**************************************************
現在、キャバリアの女の子チャー子ちゃんが、
きゃばりあ一家さんの元でお預かりされています。
詳しくはこちら→☆Cavalier☆はくどうまる2008
応募対象は東海3県、関西方面となりますが、メルの
お仲間ですのでご紹介させていただきます★
meru06064.jpg
放浪してて保護した方に保健所に持ち込まれ・・という
経緯のようですが、今はお預かりさんの元で大切にされて
います。
ちょっと今はぽっちゃりナイスボディみたいですが、とても
カワイイお顔をしたキャバちゃんです。

応募条件、応募先等は、リンクのブログを必ずご確認の上
直接お問い合わせ下さい。
チャー子ちゃんを二度と離さず大切に家族に迎えてく
ださるご家庭と出会えますように
*********************************************







ニックネーム ishimin at 22:19| Comment(10) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

6月1日CATNAP卒業オフ

素晴らしい晴天の中、CATNAP卒業オフ会が行われました〜★
meru01.jpg
総勢200名、ワンコ150匹の盛大な催しとなりました。
色々なところで行われている再会、そして初対面のご挨拶わーい(嬉しい顔)

そして愛しの元預かりっこはらみを連れて里親様&かるびしゃんで
参戦してくださいましたーClap
meru02.jpg
いい笑顔だね、、とっても平和主義に見えるよ〜ん、、笑。
ちょっと手前で見切れてるメルちん、苦笑

そしてはらみの優しいお兄様「かるびしゃん」
meru03.jpg
かるびしゃんは大きくてかっこいいイケメーンが大好きハートたち(複数ハート)
ところがありまして、所々で「萌え〜黒ハート」ってしてて、
面白かったッス!!だからはらみとうまくやれるのね〜うふふ。

みんな思い思いに寛ぐワンワンズ。
どの子がどの子か、わかりますか??
meru04.jpg
後ろはかるころさんの元から旅立ったキャンディ&先住犬エン君
はらみ&かるび君と同じナイスペアでございます。
ちなみに手前はミューちん&メルでございます。

日差しが暑いので我が家から冷やしタオルのサービスをグッド(上向き矢印)
meru05.jpg
みんな似合ってるよ〜笑。

こちらの集合写真はかるころさんの先住ワン(ホワイトのみ)と
ペコ母さん宅の結ちゃん&ペコちゃん、かるころさんの元預かりっこ
柴犬のハヤト君と、ミュー&メルで撮りました。
meru06.jpg
他にも一杯お話やみんなで写真も撮りたかったのですが、
いつのまにか見失ってしまったり、汗、きちんとご挨拶を
できなかったりで、ちょっと忙しい一日でしたが、楽しく
過ごすことが出来ました。

CATNAPで保護されて預かりさん宅から旅立った子達はこんなにも
沢山いて、みんな幸せになっているというのを目の当たりにすると
やっぱり感動・・ぴかぴか(新しい)

メルもいつか本当の家族と会いにおいで〜。
と思った一日でした。


※今週金曜夜まで自分の都合で実家で暮らしているため、
 プロバイダーのocnのほうのメールが見れません。
 申し訳ございませんが何かありましたらフリメのアドレスの
 ほうへメール下さい。
 アドレスはyamatominamo★yahoo.co.jpです。
 ★のところを@に変えて送信願います〜。

ニックネーム ishimin at 23:01| Comment(6) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

ご飯催促のメルちんと嬉しいお便り

初公開だと思いますが、メルちんはご飯前になると「ハウス」と
号令をかけなくても自らサークルにお入りになります犬(足)
そして扉を閉めると、食欲がモリモリある日は小さい声と体で
「はやくーはやくー」と催促してくれますハートたち(複数ハート)


※音量がオンになってますので「ワンワン」が聞こえますので
ご注意ください。でもひじょーにミニマムです、汗顔(汗)

扉を閉めているのは、うちのミューちんが早食いなので、
メルちんの分まで食べてしまうので隔離する為です、お恥ずかしい。
床に散らかってるのはミューちんのおもちゃ達です。
私が帰宅すると一通り全部出してくださいます、、顔(なに〜)
メルちんも食事が終わればまた外に出ているのでご安心をGood

そしてそして、嬉しいお便りの話わーい(嬉しい顔)
メルが里親募集を始めた頃にメルに対してご応募を下さった
ご夫婦がいらっしゃいました。
それから、ご家庭のご事情があり、メルの里親募集を
ご辞退なさったのですが、数日前、とても嬉しいメールを
奥様から頂きました。
その方は、里親として先週末くらいにブリーダー放棄犬を
お迎えになったとのこと。
そしてその子の体調もメルと同じく過酷な環境下でずっと暮らして
いたので病院に行ったところやはり万全ではなかったそうです。
それでも、これから一緒に歩んでいきたいという前向きな、その子に
対しての愛情がヒシヒシと伝わってくる内容でした。
私の稚拙なブログに対して、力を貰ったと書いて下さいましたが、
私こそ、頂いたメールを読んで温かい気持ちになりました。
こうしてその方とメルとのご縁はつながりませんでしたが、
その後もお力を分けていただけたこと、自分のコツコツ小さい
お手伝いが報われた瞬間だと思いました。
条件が決してよくないワンちゃんをご家庭に迎えてくださったこと、
心から嬉しく思います。
そしてメルの歯石治療に対しても励ましのメッセージを
いただきました。
ありがとうございました★

そして他にも複数の方々から、支援のお申し出を頂いたり、
温かいメッセージをメルに頂きました。
私は個人的に支援を頂くほど、そんなに身を削るような思いも
活動もしていないのでおこがましく思い、お気持ちだけ頂戴する形で
お返事を書かせていただきましたが、本当にそのお気持ちは
私にとって大きな励みになっております。

やはり、メルの体調管理や療養をしているとたしかに不安になったり、
孤独を感じたりすることはあります。
私もそうですが、メルも孤独じゃない、陰で見守ってくださる方々が
いらっしゃるというのは、感謝の気持ちで一杯です。
今後もメルと前向きに明るく頑張っていきたいと思っています。

メルも、メールを下さった方のような気長に付き合ってくださる
温かい方のところへ旅立てるといいなと心から思います。

ま、私はちょっと寂しいんですけどね・・グスン。

なんちって顔(イヒヒ)

ニックネーム ishimin at 20:55| Comment(3) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

一歩一歩

一歩一歩、ゆっくりですがメルも里親様探しをしています。

catnapの募集ページも現在募集中止となりまして、
「いつでも里親募集」からも掲載記事を削除して頂いていますが、
メルが旅立った訳ではなく現在もメルは我が家におります。

メルは五月中旬に二度目の再検査をしました。
その結果、肝臓が悪いのは先天的なもので麻酔をかける事で一番
大切な値、「ビリルビン」の値が高い為、今の段階で麻酔をかけて
避妊手術をしたり、結石の手術をするのは辞めましょうという
結論に至りました。
他の部分で高かった数値はずいぶん改善が見られたので現在も
サプリメントと投薬を続けております。

以前から書いている通り、歯石がとにかく酷く、グラグラの歯もあり、
ある歯にも茶色い歯石がついてしまっているので、本当なら
結石除去と避妊手術をした際に一緒に処置していただこうと考えて
おりましたら、それも叶わず。。
メルが口を開けただけでお部屋が匂いますし、食事の度に顔と口を
フキフキしてあげないとすぐに痒くて顔をこすります。
そんな時、「臭い!!」なんて私は思うより前に本当にメルが過去に
いた環境、そして今の状況を考えると胸が痛んで辛い気持ちになります。
匂いが気になれば空気清浄機をつけたり、窓を開けたりすればよい
わけですし、人間には勝手に自由な選択肢があります。
メルはずっとこの状況で生きてきたのだと思うと、少しでも、メルの
状況を改善してあげたいと思って毎日お顔をフキフキしています。
そして拭いてあげた後、メルが気持ちよさそうに寝ている姿を見ると、
とても安堵します。

そして代表から無麻酔で歯石を極力除去できるような病院があると
教えて頂き、来月メルは歯石を取りに病院に行きます。
すべて治すのは無理かもしれません。
でも、少しでも快適な口内環境になって、美味しくご飯を
食べれるようになればよいなと心から思います。

メルにはこれから幸せしか待ってない。
そしてメルを幸せにしてくださる方への橋渡しが出来るというのは
本当に素敵なことだと思うことでメルとの別れを予感すると私も
正直寂しいですが、これからもメルと頑張っていこうと思っています。
meru05261.jpg
↑最近はずっとソファの角がメルの寝んねスポットです。

昨日、家の前の大通りで一匹の猫が交通事故に合い、亡くなって
いました。
朝、轢かれてしまったようで、もう命がないのは明らかでしたが、
そのまま道路の脇に横たわっていました。
お隣の方いわく、市役所に通報したのでもうすぐ回収にくると
言われました。
そして横たわる猫の模様を見て私は本当にショックでした。
その子は我が家から二軒先を曲がったお家で飼っている猫だと
思います。
そのお宅の方は夜になると猫ちゃんを外出させるようで、
以前から我が家の庭に来ては糞尿をされて、正直困っていて、
周りのお家の方も、「困る」と口々に言っていました。
一度飼い主さんと猫が昼間にいるところを通りすがりに見かけた時、
「放し飼いは危ないですよ」と言おうか言うまいか迷って、結局
言わずに会釈だけで帰ってしまった私がいました。
こんなことなら言えばよかった・・と本当に後悔しました。
千葉と言っても我が家は東京と川一つ挟んだところなのですが、
やはり考え方が田舎というか、昔というか、犬は外飼い、そして
猫は放し飼いなお家が結構いまだに沢山あります。
以前、我が家の先住犬ミューが近所の庭で放し飼いの犬が門扉から
出てきていて襲われて必死で逃げて、その後、抗議した時にも、
飼い主は謝ってはくれましたが、私が
「庭の放し飼いは交通事故の心配もありますから辞めたほうが」と
言ったら、ふつーの顔で
「うちの子は大通り(今回、猫が交通事故に遭った道)には
行かないから、それは大丈夫です!!」と言ってましたし、、汗。
さらにダックス二匹をいつもノーリードで散歩させてる
ご婦人がおりまして、ワンちゃん達はいつも他のワンちゃんが来ると
ガウガウ吠えながら駆け寄ってきて、取り囲んでまるで狩りを
するようにムキムキ歯を剥いて取り囲むんです。
うちのミューちん、弱虫なので、それをやられるだけでもその道を
歩けなくなるくらい精神的ダメージがひどくなるので、
「リードをつけて散歩してください」と勇気を出して言ったところ、
「うちの子は吠えるだけで噛みませんから大丈夫ですよ」と、さらっと
ご婦人に言われ、そのままノーリードで通り過ぎられました、汗。
だから今回も、なかなか勇気が出せない私がいました。
でもあの昨日の横たわる姿を見たら、言えばよかった・・・と
今更ながら思います。所詮自己満足なのかもしれないですが、
ちょっと沈んでしまったishiminでした。

ニックネーム ishimin at 21:49| Comment(4) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

ご冥福をお祈りしたいと思います。

ブログが大幅に滞ってしまいすみましぇん〜あせあせ(飛び散る汗)
メルも私達家族もみんな元気に普通に過ごしています。

のぶちんさんがお預かりしていた保護犬のダックスの
みなみちゃんが天国へ旅立ちました。

のぶちんさんのブログI LOVE LUCY!

みなみちゃんは2月15日にメルと同じ埼玉のセンターから保護された
ダックスの女の子でした。
その後、みなみちゃんは癌が発見され、里親様募集も停止して、
のぶちんさんのお宅で療養することになりました。
そして5月20日に、みなみちゃんは静かに天に昇っていきました。
その訃報を会のメールで知った時、言葉にしがたい気持ちになりました。
しかし、預かりののぶちんさんはみなみちゃんを里親として
本当のご家族として見送ってくださいました。
のぶちんさん、そして先住ワンズのルーシーちゃん、
リッキー君、ありがとうございました。
みなみちゃん、幸せが他の子より短かったかもしれないけど、
最後に幸せな環境で天に昇ることが出来てよかったね・・。
でも、もっともっと生きて欲しかったよ・・・。
catnapのスタッフ、そしてみなみちゃんを応援してくださった
皆さん全員がそう思っていたと思います。
心からご冥福をお祈りしたいと思います。

そしてセンターで命を落とす子が一匹でも減りますように。
愛犬をセンターに持ち込むような冷酷な人間が減りますように。
犬を迎えておいて、その命を他人に閉じさせるなんて最悪です。
どっかに捨てて、誰かが保護してくれるだろうなんていうのも
無くなりますように。
犬を商売道具にしか思っていない人間がいなくなりますように。

命はどの子も平等であり、そして感情ある人間と同じ生き物なのです。
どんなに悲しい思いをしようが、辛い思いをしようがそれを
共有しなくてはいけない、守ってあげなくてはいけないのが
「命と暮らす」ということなんだと私は昔、実家で一緒に
ずっと暮らした老いた二匹のワンズを見送る頃に痛感しました。

まとまりのない文章ですみません。
また近々メルの近況はアップしたいと思います〜。

ニックネーム ishimin at 20:07| Comment(2) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

メルの近況

我が家に来てもうすぐ二ヶ月になるメルちゃん。

体調の療養もあってあんなにプリティフェイスなのに我が家に
滞在中なわけで・・顔(汗)

性格は本当に二重丸◎をあげたいくらい良い子です。
人や犬への攻撃性はまったくナシ。
もともと臆病なので過去の環境もあいまって、完全な人馴れには
時間のかかるタイプですが、やっと我が家の私、旦那に対しては
心を許してくれたようです。
いまだにちょっと寝起きなどに馴染み薄い人(実家では父と婆)が
通ると少し怯えて吠えてしまいますが、それもすぐ注意すると
収まります。
来客や生活騒音に対しての無駄吠えはまったくありません。
↑ミューちん、是非とも見習え!!マジであせあせ(飛び散る汗)

メルが吠える時は我が家では今のところ、私の起床が休日の昼の時、
およびご飯を作るのが遅い時くらいです、汗。(すべて私が原因)
もともと声帯が切られているので声もちょーミニマムなのですが、
そんな声帯切られるほどの吠えは、メルの場合、皆無です。

爪きり、ブラッシングのケアも大人しくさせてくれます。
車マナーも敷物引けば抱っこしたり固定しなくても静かに
寝ておりますし、車酔いもありません。
カフェでのテーブルしたの「ステイ」も上手に出来ます。

あと、こりゃ無理だろな〜と諦めつつも、なだめて誘導して、
色々試していたトイレの躾もほぼ決められた場所でするように
なりまして、今はワイドシーツ1枚で大丈夫になりましたClap

我が家の場合、最初は匂いつけもあるだろうと思い、そのわんこが
したくなる場所を観察します。
そして、少しずつシートを減らして・・誘導して・・というような
形でいつもやっています。
メルの場合、人間に注目されるのが最初はお好きじゃないようで
見ると絶対してくれないのでなかなか躾が大変でした。
なので試しに・・と思って部屋の中ではなく、廊下にシートを
敷くようにしたら、今では自分でそこまで行ってトイレしてます。
それでもたまーに近いところで失敗してるわけですよ、汗。
じゃその理由はなんだ・・なんだ・・と考えて、メルは、
トイレトレーという台が好みじゃないみたいということにも
最近気づいたのでトレーは撤廃しました。(弱いishimin)

するとですねー、最近トイレがほぼ完璧に出来てますGood

こんなに褒めて何がしたいんだ・・と思われるかもしれません。
また、「預かり日記」なんていい事だけ書いてるんだろーなんて
思われてるかもしれません。
でもですね、本当に私から見るとメルの場合、性格には、まったく
欠点がないのです。
メルにとって手がかかるといえば投薬と耳のケアくらいでしょうか。
でも耳もずいぶん良くなったので最近は週一回か二回のケアで
済んでいます。
投薬も毎日吐き出されてましたが、最近はコツを掴んだのですぐに
出来るようになりました。

ほんまにいい子なメルちんが幸せになれますように、これからも
ishimin一家はご縁を結ぶまでは大切にお預かりしたいと思っています。
meru05151.jpg
↑とっても可愛く撮れたので貼り付けたいと思います。

メルちんフィラリア予防記録
5/15 カルドメック68一錠投与

本日から我が家は先住犬も含めフィラリア薬がスタートしました。
千葉は蚊が多いので5月スタートがお勧めだそうです。
フィラリアは予防できる病気ですので、是非ともお忘れなく、
蚊のいるシーズンは続けて欲しいです。
できる予防は飼い主の義務ですよ〜!!

毎月15日はフィラリア予防の日!!!

と決めてishimin家は忘れずに今年のシーズンを乗り越えたいと
思います!



ニックネーム ishimin at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

二匹のお散歩道

週末、雨天の合間をぬってお散歩へ・・犬(足)

メルは最初の頃の石のように固まり続けるお散歩は卒業して、
丸まってた尻尾もピンッと立てて歩けるようになりました〜Clap
いまだに突然触りに来る人や、周りで突然走られたりすると、怯えて
しまいますが、だいたいは元気にお散歩できるようになりました。

先日も先住犬ミューだけを最寄の動物病院に行くのでメルを置いて
行くつもりで玄関でリードをつけていたら、その音に気づいて
「ヒャン!」とずるいよ〜連れてけーっと主張してた位お散歩好きです。
meru05121.jpg

メルちゃんは特にタンポポとクローバーの葉を「はみはみ」する癖が
あるのでちょっとお散歩には注意が必要です。
それ以外は引きもありませんし、慣れればアイコンタクトも完璧なので
楽しいまったりなお散歩が楽しめるタイプだと思います。

meru05122.jpg
お散歩はいつもミューの後ろをトコトコ付いて歩いてます。

しかーし、ちょっと気をとられているとミューがさっさと
進んでしまうので、いつも焦って後を追ってます、苦笑。

meru05123.jpg
お散歩してると周りの方によく「親子で可愛い〜」と言われます、汗。

いえいえ、親子ではありません・・。
ミューちん、かなりキャバリアの中ではデカイのでそう思われて
しまうみたいです・・苦笑。

ニックネーム ishimin at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする