2008年08月07日

メルが教えてくれた事

8月6日水曜日
スタッフでお見合い〜お届けまでお手伝い下さったペコ母さんと
一緒に里親Y様と共にメルを青空に帰してきました。
メルが亡くなった8月4日月曜夕方から、天気は崩れ、そして
5日火曜の空はまるでメルの死を悼むかのようにたくさん
たくさん泣いていました。
私もまさしくあの日の天候そのもののようで号泣したり、
少し落ち着いてまた号泣したりを繰り返していました。
おそらく里親様も私以上にそんなお気持ちであったと思います。

しかし水曜は抜けるような色の夏空になり、メルミンは真っ青な
お空にきっと迷うことなく昇っていくことが出来たと思います。
あの子が晴天にしたのかな、明るく見送ってくれよって思ったのかな。
そう思うくらいのきれいな青空でした。

里親さんはメルの里親になったことをメルミンに感謝こそすれ、
決して後悔していないと自らおっしゃってくださって、あの子は
本当に幸せだったんだなと改めて思った次第です。
そしてその言葉を聴いて自分勝手かもしれませんが私の心は
救われました。
こんな状況でも私やペコ母さんのことを気遣える里親さんは本当に
素晴らしいご夫婦だと思います。
預かった私ももちろん同じ気持ちです。
こんな悲しい思いをするのなら出会わなければよかったとは決して
思いません。
何度も書いてしまいますが本当にメルミンと出会えてよかった。

お骨になった彼女は頭蓋骨も残らないくらい小さく、そして骨も
まるで鳥のように細くもろく、ずっと長い間、飢えと恐怖と共に
暮らしていたことを身を持って私達に教えてくれました。

繁殖犬の過酷な生活をメルが残してくれた真実を、私もペコ母さんも
強く重く受け止めました。
無念ですが、自分のできることは続けていきたいと心から思いました。

葬儀にご同行いただいたペコ母さん。
お花をメルミン宛に託して下さったcatnap代表、かるころさん。
個人的にお悔やみのメールを下さった皆様。
こちらのブログにお悔やみのメッセージを下さった皆様。
そして私の愛犬ブログにお悔やみのメッセージを下さった皆様。

里親様からもお礼をくれぐれも申し上げて欲しいとのメッセージを
頂いております。
この場を借りまして私の感謝の気持ちも込めて重ね重ねお礼
申し上げます。

メルミンは今、沢山のキレイなお花に囲まれ、先住犬だった
さちちゃんと共に里親様のお宅へ戻ってきています。
myu86.jpg

よかったね、やっと我が家に帰ってきたね。
里親様はあなたの帰宅をずっと楽しみに待っててくれてたんだよ。

今はゆっくり眠ってください。

そしていつか生まれ変わって里親Y様の元へ帰ってくるんだよ。
みんなが笑顔で待ってるからね。

ペコ母さんがメルミンのことをブログに残して下さっています。
是非とも合わせてお読み頂けましたら幸いです。

ペコ母さんのブログはこちらです。

メルミンへ
私は負けないよ。
そしてあなたの残してくれたこと、どうにかできないか立ち止まらず、
考えていこうと思う。そして出来ることを続けていきたい。
だからどうか里親Y様ご夫婦共々私達を見守っていてね。

里親Y様ご夫婦へ
本当に本当にメルミンを見送って下さりありがとうございました。
すぐに立ち直るのは難しいことは重々承知ですが、メルミンへの事で
後悔することはまったく何一つありません。
メルミンが自分で手繰り寄せたご縁とはいえ、あなた方は彼女にとって
理想の里親さんであり、そして心からメルミンを愛して下さいました。
預かりの私からも心よりお礼申し上げます。
そしてこれからもよろしくお願い致します。


※本当はブログを書けば思い出し、写真を見ても思い出しで涙が出て
更新も出来る気分ではなかったのですが、メルが教えてくれたことを
私がきちんと書かなければと思いました。
きっとペコ母さんも同じお気持ちで更新下さっていると思います。
里親さんもブログに載せることを許可くださっています。
人間は口で伝え、情報を伝える力があります。
是非とも知って欲しいこと、それをお伝えしたく、頑張って
書きましたがつたない文面ですみませんがここで今日は筆を
置きたいと思います。

ニックネーム ishimin at 18:16| Comment(10) | TrackBack(0) | メルの預かり日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

ひっそりとですが、ずーっと応援していました。
メルちゃんが正式譲渡になり、パパに甘えている姿を見たとき、嬉し涙が出ました。

いまは突然の訃報に、驚きと涙が止まりません。

昔、実家で飼っていたキャバリアの『チャー』とメルちゃんは、とても似ていました。
とても大人しくて、かわいくて、いい子でした。

人間って、何ナノかな?
いま、この瞬間も辛い状況に耐えているワンコが沢山いるのですよね・・・
無力な自分が哀しいです。

メルミンちゃん、安らかにお眠り下さい。







Posted by まさみ at 2008年08月09日 01:13
>まさみさん
コメントありがとうございます。
ずっとメルミンを見守って下さって本当にありがとうございました。
里親様もこちらのブログは見て下さっているのでコメント頂けてとても喜んで下さっていると思います。チャーちゃんとメルミンは似ていたのですね。ということはとっても美人さんだったのですね。メルは人知れず命を終える子達の中で、こうして皆さんから偲んで頂いて本当に幸せ者だったと私は里親さんとお話しました。まさみさんのお気持ち、きっとメルにも届いていると思います。私も大きい力はないですし、細々ですが、立ち止まらず今後もなんとかしていければと思います。
Posted by ishimin at 2008年08月09日 12:22

書きたい事は沢山あるのに、何から書いたらいいのか・・・そんな気持ちでコメント出来ずにいました。
でもこのブログは、ishiminさんがメルミンの存在を形に残してくれた大切なもの。そしてメルミンと私達夫婦を出逢わせてくれた道しるべ。
ishiminさん、そしてブログを通してメルミンを見守って下さった皆様に、感謝の気持ちを込めてコメントを残したいと思います。

長い間辛い生活を送ってきたメルミン。必死で耐えて、やっとお腹一杯食べて安心して眠れる、普通の生活が送れる様になったのに・・。
悲しくて寂しくてまだまだ諦められないけど、メルミンが娘になってくれた1ヶ月は、本当に本当に幸せな日々でした。
とても臆病で、甘えたいのに上手に甘えられない不器用なメルミン。それでも小さな身体で一生懸命距離を縮めてくれたね。メルミンと過ごした毎日は、楽しくて嬉しい事ばかりだったよ。メルミンも楽しかったかな・・。
メルミン、ママの娘になってくれてありがとう。生まれ変わったら、ママは絶対にまたメルミンを見つけるからね!メルミンもママの顔、ママの声、ママの匂い、忘れちゃダメだよ。今は思い出しては泣いてしまう頼りないママだけど、今度逢う時までにはメルミンをちゃんと守ってあげられる、強いママになるから待っててね。

ishiminさん、メルミンと出逢わせていただいて本当に有り難うございました。そして辛いのにブログを更新して下さって、とても感謝しています。ishiminさんには及びませんが、メルミンの様な仔達が少しでも多く救われる様に、自分が出来る事を考えていきたいです。これからもよろしくお願いしますね!

最後になりましたが、メルミンを救いだして下さったcatnapの皆様、お見合いから葬儀までご一緒して下さったペコ母さん、そしてブログを通してメルミンを見守って下さった皆様、本当に本当に有り難うございました。心から感謝致します。

Posted by メルミンママ at 2008年08月10日 22:37
時々ブログを拝見させていただいていた者です・・・。
メルミンちゃんが天国に・・・信じられない気持ちで涙が止まりません。
メルちゃんは病気と闘い、ishimin様や里親様の愛情を受け元気な笑顔を見せてくれてとっても幸せなワンちゃんだったと感じます。
メルちゃんは幸せを手にしてきっと安心して安らかに眠っていますね・・・。
我が家で以前飼っていた愛犬に似ていた事もありとても親近感を感じていたのでこちらにコメントさせて頂きました。

メルちゃん安らかにお眠り下さい。
Posted by dolphin at 2008年08月10日 23:21
>メルミンママさん
お辛いところをコメント頂き、本当にありがとうございます。
そして初七日のお参りも行って頂き、あの子も喜んでいると思います。
昨日お電話でメルの内臓の病理結果を聞いて、やはり予想は出来ていたものの、あの子の背負ってきた物の大きさ、重さ、そしてどんな状況だったのかということは私達の想像以上のものだったのだということを痛感しました。私はメルにとって良い預かりではなかった時もあると思います。ちょっとめんどくさいなと思ってしまったり、先住犬とすべて平等に出来たかと言われると自信もなく。でもあの子はいつも一生懸命に私の目を見て甘えてきてくれました。そしてパパさん、ママさんと出会いすぐに馴染んでいたので送り出した私に対しても心配ごとも作らず仮親孝行な子だったと思います。私はサボり屋ですし、あまり器用なほうでないので自分の出来ることしか出来ませんが少しずつでも長年メルみたいな扱いを受ける子がいない世の中になる為、色々考えていきたいと思います。メルミンのためにも止まっちゃ駄目ですね、汗。暑さもまだまだ続きますし、ご夫婦ともども体調崩されませんように。体調崩したらメルミンが「コラー!!しっかりしてくださーい!!」と天国から心配しますからね★あの子は小さくて無垢な素晴らしい宝物だったと思います。短かったけど楽しくて可愛かった思い出は今でも鮮明によみがえり、そしてメルミンのお顔の写真を見ると涙も出るんですが、笑顔になってしまう自分がいます。不思議なもんです。
Posted by ishimin at 2008年08月12日 12:34
>dolphinさん
今までメルを応援頂いてありがとうございました。そしてこうしてお悔やみのコメントをいただけました事重ねて御礼申し上げます。メルミン、楽しく甘えん坊に里親さんの元で天国へ行く寸前まで暮らしてました。また亡くなった後のお顔はまるで眠っているようで今にも目が開きそうな感じなくらいの安堵の表情でした。まだ生きてるのでは・・なんて思ってしまう私がおります、苦笑。dolphinさんの温かいお言葉、昨日電話で話した里親さんも読んでとても喜んでくださっていました。私よりメルミンに愛情を注ぎ看取って下さった里親さんが、急に立ち直ることはとても難しいことだと思います。そういう中でこうしてメルという存在を見守って下さっていた方々のお言葉からは里親さんも私も力を頂いています。おそらくこういう記事はコメントも書きづらいと思うのです。自分もいつもかける言葉を捜して躊躇したり迷ったりしてしまいますから。でもこうして温かいコメント頂けること、本当にありがたいです。メルミンも天国で喜んでいると思います。
Posted by ishimin at 2008年08月12日 12:52
ishimin様

大変ご無沙汰しております。
メルミンちゃんをお願いしたまま、
自分が思い切りずっこけて
すっかり失礼している るるママです。

この度は本当に本当に御愁傷様でした。

体調不良で預かりをお休みしてから
ずっとメルミンちゃんのことも
気になっていたのですが、
色々なことが重なってなかなかパソコンに
向かうことが出来ませんでした。

先日、たまたま同じく預かりのS様より
「メルミンちゃん幸せのお知らせ」を伺って
嬉しくてブログにお邪魔したところ・・・

正直びっくりです。

後から後から涙がこぼれて、
恥ずかしながらすぐにコメントを書くことが
出来ませんでした。
辛い状況の中、ishiminさんがこんなにも
書いて下さっているのに、
本当に情けなく、恥ずかしい私です。

今、こちらを書かせて戴いている間も、
あの子が最初に我が家に来た時の様子や、
抱きしめた時の手の感触が蘇り、
どうしても涙を抑えることが出来ません。

たった数日の私でさえこうなのだから、
数ヶ月お世話をされたishiminさんや、ご家族、
全てを受け入れて迎えて下さった里親様は
どれ程だろうと想像するだけで
胸がとても苦しくなります。

ブログを拝見して、
あの子がどんなに辛い生活を送ってきたか、
ishiminさんのお宅に来て
どんなにホッとしたことか、
そしてそして、素晴らしい里親様にめぐり合えて
これからどんなに幸せな人生が
待っていたのだろうか・・・
様々な気持ちが交差し、改めて
メルミンちゃんが今この時点で
亡くなってしまったことを残念に思います。

でも、ishiminさんもおっしゃられるように
誰にも知られないまま絶たれてしまう命が
沢山ある中で、メルミンちゃんは
最後に多くの方に大事にされ、愛され、
その存在を、生きた証を、残して旅立ちました。
本当のパパとママの許から天使になって
逝ったのです。
きっと最期の気持ちは「安堵と幸せ」で
いっぱいだったことでしょう・・・

恐縮ですが、
この場をお借りして私からも
お礼を言わせてください。

ishimin様、ご家族の皆様、
里親様、そして見守って下さった多くの皆様、
本当に有難うございました。

メルミンちゃんが私たちに伝えたかったこと、
教えてくれたこと、しっかり胸に刻んで、
私も早く病気を治し、今一度出来ることを
考えて行きたいと思っております。

(正直、まだかなり動揺していて、
言葉がうまくまとまりません。
失礼があったらお許し下さいませ。)

毎日本当に暑い日々です。
ishimin様もどうかお体だけは御自愛下さいね。
Posted by るるママ at 2008年08月15日 20:47
>るるママさん
お悔やみのコメントを頂き、本当にありがとうございます。
私もメルミンの訃報をるるママさんにお伝えしたいと思っていたのですが、色々大変とお伺いしていたので、お知らせするタイミングを逃していました、こちらこそ色々お世話になりながらご連絡が遅くなり本当に申し訳ございませんでした〜汗。メルは初七日を迎え、里親様のお宅へお参りに行かせて頂き、お寺にも寄らせて頂きました。今はお花に囲まれて里親さんのお宅で眠っています。その日も沢山、沢山、メルとの楽しかった思い出をお互いで語らせて頂きました。皆様の暖かいお言葉を里親さんもとても感謝と喜びを感じて下さってます。るるママさんはセンターから出たばかりのメルに家庭のぬくもりを初めて教えてくださった恩人です。メルもるるママさんに感謝していたと思います。本当に短かったことに対しては悔しい気持ちで一杯ですが、あの子はとびっきりの幸せの中で天国へ昇っていったので、るるママさんもおっしゃってくださったようにそれが救いだと思いました。るるママさん、そしてご家族が(もちろんワンズ&ニャンコさん)にご多幸がありますように。メルも天国から見守ってくれると思います。わたくしのことまでお気遣い頂いて、そのお優しいお気持ちに心よりお礼申し上げます。いつまでもくよくよしてたらいけないなと思いつつ、思い出すとやっぱり涙もこぼれますがあの子の為にも前を向いて暮らしていこうと思います!!
Posted by ishimin at 2008年08月16日 01:04
こんにちは。
突然の事で、正直驚いています。
メルちゃんの飼い主様、ishiminさん、関係者の方々、メルちゃんのためにありがとうございました。
心からお悔やみ申し上げます。
Posted by きゃばりあ一家 at 2008年08月18日 09:08
>きゃばりあ一家さん
お悔やみのコメントありがとうございます。
そうなんです、メルが天国に旅立ってしまいました、、。
でも本当に幸せな子でした、どんな子にも負けないくらい愛されて、そして本当のパパとママの元から旅立ちました。
まだ私が知らないところでメルのような思いで繁殖に使われてる子がいると思うと里親さんとも話しましたがつらいです。私も立ち止まらず自分の出来ることを続けていきたいと思っています。
コメントありがとうございました〜★
Posted by ishimin at 2008年08月18日 23:33
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1459705
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック